情報社会で生き残るために必要なたった1つのこと

勉強でもスポーツでも、もちろん仕事上のスキルでも構いません。

あなたは何かを習得しようとしたときに、どのようにしてますか?

 

習得しようとする内容について、しっかりと調査を行い、

最終的に習得するまでのロードマップを描き、

毎日やることを細かくブレークダウンし、

日々の予定に対して実績や進捗をしっかり把握して……

 

正しいと思います。

 

そのままやりきれば、きっと想像した通りの成果があげられるでしょう。

 

しかし、残念ながら、私も含め多くの人は計画した通り

コツコツと継続することができません。

 

では、いつまでたっても習得したいことは身に付かないんでしょうか?

 

答えは、たぶん「イエス」。

 

今の自分が、それを証明していませんか?

 

でも、少数ではありますが、身に付けようと思ったことを

着実にものにしている人もいます。

 

そのような人たちの多くがやっている方法として、

短期集中/一点突破というやりかたがあります。

 

今、成功者と呼ばれている人たちも、大抵、成功するまでのどこか、

それも初期の頃にこの方法を使っています。

 

全体を網羅するように、筋道たてて論理的に進めるのではなく、

一見すると無茶苦茶にしか見えないやり方でも、とにかく、

習得内容の中のひとつのことだけをひたすらやり続ける。

 

そこでは、振り返りも軌道修正も一切放棄し、一定の期間だけ

とにかく、それだけをやり続ける。

 

結果として、その後に必ず何かしらの手応えを感じることができます。

 

後で、まったく検討違いのことをやっていたことに気づいたり

しますが、その経験は決して無駄にはなりません。

 

現代に生きる我々は、日々過剰な情報の中で過ごしており、

常に正しい選択を探し、誤った道を進まないよう細心の注意を

払いながら生きています。

 

しかし、そのような判断こそが、何かをつかむためには

遠回りになっているのです。

 

百聞は一見にしかず。

 

こんな時代だからこそ、経験をもっと大切にすべきでしょう。

 

«  情報社会で生き残るために必要なたった1つのこと  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。