副業で稼げる限界

今回は副業で稼げる限界という話です。

 

副業といってすぐに思いつく方法としてアルバイトというのがあると思いますが、このアルバイトではどのくらい稼げるかを試算してみます。

まず、アルバイトの場合、時給制が普通で、都内や関東近県の相場ですと、時給800円から千円ちょっとくらいでしょうか?

試算ですのでとりあえず、時給千円ということで。

稼げる金額は、労働時間×労働時間で求めますので、あとは労働時間です。

 

会社員が平日の就業後に働ける時間としては、結構多めに考えても3時間といったところでしょうか。

さらに、週末も働けるアルバイトだったとして、土曜と日曜の2日間、それぞれ8時間働いたとして、

3時間×5日+8時間×2日=31時間/週

一週間に31時間です。

 

1ヶ月が4週間として、

31時間×4週=124時間

となり、月に124時間働けるとします。

 

そして、この労働時間と時給から

1,000円×124時間=12,4000円

となります。

12万4千円です。

 

副業でそれだけ稼げたら、結構うれしいですよね。

でも、会社員をしながらこれだけの時間を副業に費やすのは、相当厳しいことはわかりますよね?

というか、無理ですよね。

逆に言えば、体力の限界まで頑張っても、アルバイトでは月に10万円程度を稼ぐことが限界と言えます。

では、月に30万稼ぎたいと思ったら、どうすればいいでしょう。

「時給の高い仕事を探す」という考えもありますが、時給3,000円の仕事って、水商売とか、ヤバい仕事しかないでしょう。

当然ながら、普通の会社員がそんなリスクを負ってまで副業をしたくありません。

 

じゃあ、どうするか。

少なくとも時給的な思考ではどう考えても無理です。

 

時給思考以外の考え方って、どういうことか?

それはまた次のテーマとしましょう。

 

 

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。