会社員の副業は在宅が最適

会社員の多くは、平日は毎日会社へ通勤し、定められた時間内は会社の仕事をする必要があります。

そのような状態で副業をしようと思っても、場所や時間について頭を悩ます事になります。

まず場所については、毎日会社へ通勤している事もあり、一度家に帰ってから再び別の場所に働きにでかけるのは、肉体的にも精神的にも相当負担に感じることでしょう。

また、もうひとつ場所の問題として、会社にバレないかという悩みがあります。

最近では就業規則で特に副業を禁止しない会社も増えているようですが、それでも多くの会社では会社にバレてしまうと、何かと不都合があるケースが多いようです。

会社にバレないために会社の近くで副業するのは諦め、自宅の近くで副業しようと思っても、今度はご近所さんの目が気になったりします。

特に結婚されている方だったりすると、世間体という理由により、奥様から待ったがかかる事も多いでしょう。

そして、時間についても、一般的な会社員の場合、朝の8時や9時に仕事が始まり、定時が5時や6時で、そこから少し残業すると、帰宅するのは夜の8時や9時になってしまいますので、その時間から副業のためにでかけるのは、場所の問題とあわせてかなりの負担になります。

このように、会社員が副業をしようと思った場合、場所や時間という問題があるため、必然的に在宅での副業というのが最適という事になります。

在宅での副業となれば、時間的な負担は多少残りますが、場所の問題はすっきりとクリアすることができます。

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。