会社員とって副業が必要なワケ

会社員にとって副業は必要でしょうか?

もちろん生活に困っている方は既に何かしらの副業をしているかもしれませんが、そうでない普通の会社員の方は「特に必要ない」と答えるでしょう。

特に生活にも困っておらず、それなりの蓄えのある方にとっては、会社員に副業が必要だとは考えられないと思います。

しかし、あなたの生活はどうですか?

案外、毎月のやりくりに苦労していませんか?

働き盛りと言われる30歳男性の会社員の場合、平均貯蓄額は400万円という統計がありますが、実際、私のまわりを見てもそれだけの貯蓄がある人はいません。

400万円といっても「平均」ですので、100人中たった10人がそれぞれ4000万円持っていたら、残りの90人が0円でも平均すると400万円となってしまいます。

戦後の高度成長が停滞し、世界的に不況の波に襲われている現在、このような資産配分は決して極端な話ではありません。

以前は、会社に雇われて会社員をしている限り、確実に出世し、給料や土地の値段は上がり続け、退職時には莫大な退職金を得て、老後は悠々自適な生活ができる、という時代もありました。

しかしながら、今現在の世の中は、先の見えない不況に沈み、われわれ会社員はいつリストラされるかとビクビクしながら仕事をするというのが、当たり前になってしまっています。

そして、この先も劇的に景気が回復することはないでしょうし、一層高齢化も進み、疲弊した世の中になっていく事は確実だと思います。

そんな世の中に絶望していても仕方がありません。自分の生活や家族を守っていかなければいけないのですから。

そこで、そんな会社員にこそ副業を進めたいのです。

今現在生活に困っていなくとも、不安定な世の中に対処するため、会社以外の収入と、自身で稼げる力をぜひ手にして欲しいと思います。

多くの会社員が副業で副収入を得て、副業で稼ぐスキルを身につけることが、結果的にこの閉塞的な社会を打開できる力になると信じています。

 会社員とって副業が必要なワケ  »

こちらからコメント送信してください。


コメントはまだありません

  1. コメントはまだありません。